トップページへ

2007年7月31日(火)曇り時々晴れ


  もう明日は8月ですね。。 このひと月、ただただ忙しかったなぁ〜。

  この春から専業主婦になった友人と、久しぶりに食事をしました。
  「家でのんびりしてる? 自分の時間はできた?」。
  専業主婦に憧れるバリバリの兼業主婦の質問攻めに、気心の知れた彼女は「私、時間の使い方が下手なのよね〜」って。 「畑に野菜を取りに行って、草取りなんか始めちゃって…。お料理の材料を取りに行ったはずなのに…。うまく時間が使えないのよ」。 「そう、そう。そんなの私はいつものことよ、あれ? 私、ここに何しに来たんだろ? なんてね」。
  分刻みで働いている時は、少ない時間で家中の仕事を片付け、子供の世話など、ect。それでも、何とかやってこられたのにね。 きっと私たちは、有り余る 時間の使い方を知らないのよね。。。なんて、悲しい性を知ることとなりました。

  久しぶりの畑の様子です。 ラズベリーの雨よけを利用したゴーヤ(既に破裂!!)と会津カボチャ。まだまだ色々ありますが、蔓だらけになってしまい 何がなんだかわからなくなりました。
  ブルーベリーの入り口に1本だけ植えた大玉スイカもどうにか生長しています。もうそろそろ収穫できるかな?「ポン、ポン」。いい音がするけど、 どうかなぁ〜。

2007年7月30日(月)雨のち晴れ


  朝は小雨。 昼近くからは雷を伴う大粒の雨で、家への出入りも大変でした。
  ここのところの疲れが出て、頭が朦朧としたまま過ぎた一日でした。

2007年7月29日(日)晴れのち雷雨


  早朝から深夜までの仕事。帰宅した時は、既に日付が変わっていました。
  今日の暑さには、室内にいたものにとっても大変でしたが、ブルーベリーの摘み取りをした 家族は、もっと大変だったようです。ご苦労様でした。

2007年7月28日(土)晴れ一時雨


  早朝からブルーベリー摘みを始め、1時間ほどで5キロ以上の収穫でした。その後は、本業に従事、明日も早朝から お仕事です。

2007年7月27日(金)晴れ


  にしかたブルーベリー園の摘み取り予約受付状況をUPいたしました。
  園内には、まだまだたくさんの実がなっています。青田を吹き抜ける爽やかな風の中、新鮮なブルーベリーを摘んでみませんか。  たくさんの方のご来園をお待ちしています。

2007年7月26日(木)曇り時々雨


  にしかたブルーベリー園で生まれ育ったブルーベリーの苗が、島根県江津市というところにお嫁に行きました。 そして今日、その お客様からわざわざ近況報告をいただきました。
  「なんてすばらしい景色なんでしょう!」。海なし県で暮らす私にとって、この景色には、ただただ「すごい!すごい!」と、感激しています。 こんなすばらしいところで育てていただけるブルーベリーは、きっと美味しい実をたくさん付けてくれることでしょう。
  退職後、ふるさとの島根県に帰って暮らすご夫妻の、今後のご健勝を心から祈念いたします。

◆ お 願 い ◆
  〜 お電話でブルーベリーに関するお問い合わせをいただいている方へ 〜
  農作業中のため、電話に出ることができない場合がありますので、連絡先を留守番電話に残してくださるようお願いいたします。折り返し、ご連絡を 差し上げます。ご協力をお願いいたします。

2007年7月25日(水)曇り


  夜になって、完熟のハイブッシュでブルーベリーシロップを作りました。 大きな鍋で4キロのブルーベリーを 煮て、濾して…。 さすがに疲れました。 でも、このジュースを楽しみに待っていてくれる人がいるので止められません。  だって、「すっごく美味し〜い♪」って言ってくれるんですもの。
  今夜は、カメラを持つ余裕がなかったので写真が撮れず、残念。。。

2007年7月24日(火)快晴


  久しぶりの夏日の中、カサブランカは満開に、そしてアリストロメリアは、今年2度目の開花です。
  この快晴の日も長くは続かず、明日は再び梅雨前線が戻って来るそうで、梅雨明けは、8月に持ち越し。 そして、 猛暑の予想がはずれ、冷夏になるそうです。 作物の生育が心配ですね。

2007年7月23日(月)曇り一時雨


  昨日の午後の短時間の陽射しで日焼けをしたらしく、顔がヒリヒリ。。 昨夜から、化粧水をたっぷりつけたコットンを 顔中に貼り付けています。 でも、これくらいの陽射しは序の口ですよね。  
  明日は、久しぶりに陽射しがあるようですが、本格的な夏は、いつ来るのでしょう。

2007年7月22日(日)曇りのち晴れ


  ラビットアイも徐々に色づき始めました。 夫は、草刈をし、私は剪定しながら、のんびりと摘み取り作業。。
  予約のあった分の摘み取りだけをしようと決めて、久しぶりにラビットの樹を眺めてみました。 「う〜ん、ずいぶん大きくなったものですね〜」 なんて、4年前の秋のことを思い出していました。

  午後になって、次から次へと摘み取りのお客様が続き、「あれ、あれ、こんな予定ではなかったはず…」。
  でも、皆さん「すごい! ブルーベリーって、こんなふうに生ってるんだぁ」。 「種はあるんですか? 皮はどうするんですか?」。 「ほんとに感動しました」。
  皆さんのこの一言が嬉しくて、疲れも忘れて畑に立ち通しです。

◆ お 知 ら せ ◆
  お陰さまで、8月5日(日)までの摘み取り予約は、満員となりましたので終了いたします。 その後の土日には、若干の余裕がありますので、ご希望の方は、 ブルーベリー園開園のお知らせをご覧の上、ご予約をお願いいたします。

2007年7月21日(土)雨のち曇りのち雨


  小さなブルーベリー園の開園日。 早朝から雨が降り続き 「予約をいただいたお客様も、今日はキャンセルだね」 と、のんびり していたら、「おはようございま〜す」 と、元気な声が聞こえてきました。 先日のyukiko先生の誕生パティーで、 ご一緒させていただいた、生徒さんたちです。
  長靴も合羽も用意されて、やる気満々の様子で、こちらの準備不足が恥ずかしい。。
  皆さんには、まだまだ採り切れていないハイブッシュ園で摘み取りを楽しんでいただきました。 園内では、楽しい会話が続き、 時間が経つのを忘れてしまうほどです。

  今日、ご来園いただきましたお客様には、足元の悪い中お越しいただき、本当にありがとうございました。 美味しいパンと 美味しいジャムで、どうぞ 『しあわせな時間』 をお過ごしください。

2007年7月20日(金)曇り夜雨


  明日から土、日のみ、 にしかたブルーベリー園 が、小さな摘み取り園として開園します。
  梅雨明け前で、お天気が気になるところですが、この日を待っていてくださるお客様のために、家族一同で頑張ります。

2007年7月19日(木)曇り時々小雨


  日光『千姫物語』で開催された、yukiko先生のお誕生会とパン教室の親睦会に出席しました。 幹事の方々には、 毎回お骨折りをいただき、ただ、ただ感謝するばかりです。
  この会では、普段お会いすることのない他のクラスの方々との交流ができ、毎回新しい出会いが生まれるので、 皆さんとっても楽しみにしているようです。
  そして、私が参加するもうひとつの理由は、yukiko先生の 『人生訓』 を、改めてお聞きすることができるからです。
  今日は、先生のお子さんが大学進学をされ(子離れした時?) 「自分は、これから何をして生きていこうか?」 と、 考えた時のことをお話してくれました。
  「私は、子供のころの母親の味が忘れられず、『食の道』で、生きていこうと決めました。そして、ここから私の道が拓け、たくさんの人との出会いが 生まれました。 だから、皆さんも自分の道を早く見つけ、満足して、切り拓いていける道筋を見つけてください」。 そして、  「豊かな心を育てるには、『食』 が一番大切ですよ」 と、いつものように 『食 育』 の大切さを教えていただきました。

  道 程
     僕の前に道はない
     僕の後ろに道は出来る
     ああ、自然よ
     父よ
     僕を一人立ちにさせた広大な父よ
     僕から目を離さないで守ることをせよ
     常に父の気魄を僕に充たせよ
     この遠い道程のため
     この遠い道程のため
          高村 光太郎

2007年7月18日(水)曇り時々小雨


  今日は、姑の85歳の誕生日です。 今までは、私と姑の誕生日の間を取って、17日にお祝いをすることが多かったのですが、 今年は諸事情により、省略です。
  そして姑は、その諸事情のせいで、只今別居中。 結婚以来、こんなに離れて暮らすのは初めてのことで、ちょっとだけ核家族気分です。 でも、これが子供たちの小さい時だったら、どうだったでしょう。
  共働きの私たち夫婦は、家に舅と姑がいてくれたので、安心して、子供達を預けて出かけられたのですからね。 本当に感謝しています。
  これが、核家族だったら…。 朝から髪を振り乱して、子ども達に向かって大きな声で 「早く○○しなさい。早く○○しなさい」 と 怒鳴っていたかもしれません。
  今夜は、久しぶりに姑を訪ね、「もう少しで、家に戻れるからね」 と伝えました。 すると姑は 「コロちゃんは、元気かい?  私のこと忘れちゃったかな?」。 体の不自由な自分のことより、他のことを心配する優しい人柄は、変わっていません。
  姑も高齢ですが、愛犬のコロも老犬です。 「大丈夫。 コロは、おばあちゃんを忘れていませんよ」。    

2007年7月17日(火)小雨


  昨日の午前10時13分頃に起きた 『新潟県中越沖地震』 の被害状況が、時間の経過とともに 分かってきました。 ここ、西方町の人口をはるかに超える住民の方が、体育館などで避難生活をされている 映像を見るにたびに、「もし、西方でこんなに大きな地震が起きたら…」 と胸が痛みます。
  私の記憶に残る西方の大きな災害といえば、昭和49年の台風による大雨で、当時の小倉橋が流されたことくらいです。 それくらい自然災害の少ない町なので、今回のような被害を受けたとしたら、町はどうなってしまうのでしょう。
  私を含め、住民の誰もが 「西方は、災害のない町だから」 と油断しているような気がします。 しかし、このような 大惨事を目の当たりにするたびに、災害に備える対策をきちんとしておかなければと思います。 

2007年7月16日(月)曇り時々雨


  台風一過の青空を期待していましたが、空一面に雨雲が残り、ぐずついた日となりました。

  今日は、朝からikedaさんの奥様が、ブルーベリーの摘み取りを手伝いに来てくれました。 「忙しくて、 食事の支度も大変でしょうから…」 と。我が家の家族の分までお弁当を作ってきてくれたのには、一同感激!!
  おにぎりにおはぎ。 ふきの煮物に自家製野菜のサラダ。 短時間で作ってきてくれたのに、とっても美味しいのです。 ブルーベリー園の休憩所で、ピクニック気分でいただきました。 本当に美味しかったです。

  摘み取りを済まして、久しぶりに畑に行って見ると大きくなった野菜がいっぱい!! あわてて収穫したら、ご覧の通りの 量です。 とても食べきれないので、休日出勤の棟梁とお手伝いの大工さんにおすそ分けしました。

  最後に、今日は私の誕生日です。 「何歳か??」ですって。 それは、ご想像にお任せすることにして、娘達からは、 私にぴったりのカットソーをいただきましたよ。 でも、夫は忘れてた? まさかね!  でも、プレゼントは、娘達に便乗したらしいのです。 「マッタク〜。でも、忙しいの分かってるから」
 でも、そんなこといいんです。 愛媛の『恋家農園』 のterukoさんから、すごく素敵な 誕生日プレゼントをいただいたから。。
  同世代のterukoさんだからでしょうか? 子供のころにタイムスリップしたような、この風景に、この懐かしい音楽。  私の小学生の頃そのままです。 この風景をまた見られるなんて、本当に感激。
  生まれた場所も、育った場所も全く違っているのに、同じ時代を過ごしていたことを感じます。 terukoさん、本当にありがとうございました。

2007年7月15日(日)大雨のち曇り


  樋から流れ出る雨水で、庭一面に水溜りができています。 普段の雨ならば、こんなに溜まることがないので、 びっくりです。
  夫は、びしょ濡れになりながら、スコップで排水を促す浅い溝を掘りましたが、梅雨前線と台風で大変な被害を 被った方に比べれば、台風や地震など、大きな自然災害を受けたことのない場所で暮らすことが、どんなに幸せなこ とかとつくづく感じています。

2007年7月14日(土)雨


  雨の中、娘たちは、久しぶりに東京へ出かけていきました。 「台風の影響で帰ってこられなくなるんじゃないの?」 と 言いましたが、「来週は、忙しくなるから…」 と出かけていきました。
  今日のお目当ては、キルフェボンのブルーベリータルト。 そう、我が家のブルーベリーで作られたタルトです。
  銀座のお店では、11時の開店を前に、既に10人以上のお客様が並んでいたそうです。 こんなに悪天候なのにすごい人気ですね。

  ショーケースの中のタルトには 『 栃木県上都賀産ブルーベリー 』 と書かれたカードが添えてあったそうです。 でも、ちょっと残念なことがあります。それは  『 にしかたブルーベリー園 』 って、書かれていなかったこと…。

  

2007年7月13日(金)曇り時々雨


  台風4号の進路が心配です。 このまま東に進めば、15日には関東地方にも接近しそうな予報。。  樹上で熟しているハイブッシュ、そして、色づき始めたラビットアイにも被害が出そうで心配です。 どうか、逸れてくれますように…。

2007年7月12日(木)曇り時々雨


  職場に移動献血車が来たので、久しぶりに献血をしました。 なんと5年ぶり!!  自分では、つい最近献血したような気がしていましたが、 ずいぶん間が空いたものです。
  この5年間、体の調子が悪くて献血できなかったのかな? それとも、他人のためになるということを考える余裕もなく 過ごしてきてしまったのかな? う〜ん、どちらかというと後者の方でしょうか。 本当に色々なことがあった歳月でした。 でも、「5年なんて、すぐに 過ぎてしまうものだ」 とも思えます。

  今日で、献血回数30回目ということで、記念品をいただきました。 造形作家の多田美波さん作の涼しそうなガラスの盃です。 この盃に似合うのは、 やっぱり冷酒でしょうか。 でも私は、ここに、去年仕込んだブルーベリー酒 (ブランデー仕込み) をちょっとだけ注いでいただきます。 ☆甘口で美味しいですよ!!

2007年7月11日(水)雨


  雨が降ったり止んだり、梅雨らしいぐずついた日で、摘み取りも捗りません。 
  梅雨時の収穫となるハイブッシュは、雨に当たって裂果するものが多く、悩みの種です。 営利栽培を続ける以上、 実の大きさで選ぶより、裂果が少なく、日持ちのする優秀な品種を選ぶことが、第一条件かもしれませんね。  秋には、品種の見直しをする予定です。

2007年7月10日(火)曇り時々雨


  パティシェのSweets Schoolに参加しました。 初日の今日は、3種類のスポンジ生地を教えていただきました。
  ケーキには欠かせない、スポンジ生地つくりを失敗しないために、自分の中の判断基準作りが大切であると教えていただきました。
  基本のスポンジでさえ、いつも同じように焼けない私にとって、ポイントを教えていただけるこのSchoolは、外せません。 参加できて感謝です。

メロンのショートケーキ、白桃のトライフル、アーモンドチョコレートケーキ

2007年7月9日(月)曇り


  愛媛の『恋家農園』こいけのうえん から、美味しい自家製らっきょう漬けとご自慢のお野菜をいただきました。
  らっきょう漬けは、無添加のらっきょう酢を使った、作り手の優しさが伝わるお味です。 夫は、「これは、イケル。 美味しい、美味しい」 と 大絶賛で、晩酌のビールがいつもの倍に。。
  また、『伊予長茄子』 という、こちらではあまり見かけない茄子の長さを測ってみると、36センチもありました。 どんな方法で、 栽培しているのでしょうか?

  『恋家農園』こいけのうえん  では、出荷用15品種、自家用33品種、そして、果物その他17品種を栽培されているそうです。
  私は、四国に行ったことがありませんが、『恋家農園』こいけのうえん のご夫婦が一生懸命育てられた野菜をいただき、土とともに 生きるすばらしさは、どこに暮らしていても同じであると、改めて感じられる日となりました。

2007年7月8日(日)曇り


  毎年、車庫の軒下に営巣していたツバメですが、今年はシャッターを閉めたままにしているため、巣作りができませんでした。 そのため、一日中家の周りを旋回したり、工事中の家の中に入って、棟梁と追いかけっこしたりと棟梁もツバメも災難です。
  ところが、ここ2週間ほどツバメの行動が落ち着いています。よく見ると、新しくできたバルコニーの天井に巣を作ってしまったのです。
  家人より先に新居に入った気分はどうなのかな?
  現場監督さんから、「卵を抱いているようなので、雛が孵るまで、そのままにしておいていただけますか? 雛が孵ったら、洗浄しますから…」と。
  「監督さん、優しいね」って、娘達。 そして、「大丈夫、そのままにして置いてください。一緒に暮らしますから…」ですって。

  定年退職を機会にふるさとの島根県にUターンされるという方が、ブルーベリーの苗を求めて来園されました。
  「ふるさとの暮らしのたより」を読んで下さって、「愛媛県まで苗を送れるのなら、引越しの荷物と一緒にトラックで持って行けるだろうから…」と、 わざわざ埼玉から訪ねて来られたのです。
  夫の退職を期に育てた、この小さな苗を、ふるさとで第二の人生をスタートさせる『記念樹』に選んでいただけるなんて、これほど光栄なことはありません。
  「どうぞ、いつまでもお元気で、立派なブルーベリーを育ててください」。

2007年7月7日(土)曇り一時晴れ


  今日は、オープン以来、ずっとブルーベリーを購入していただいている方から、嬉しいお言葉をいただきました。
  「スーパーで売っているブルーベリーは、萎びているけど、ここのブルーベリーは、新鮮で大きくて、美味しい」。
  年間を通して、冷凍ブルーベリーを買っていただいている方からは、
  「運転免許の更新に行ったら、前回より視力が良くなっていたんですよ」。
  こんな声を聞かせていただくと、苦労して育てている甲斐があります。
  確かに、スーパーに並んでいるブルーベリーを見るとちょっと悲しくなりますよね。
  「これでは、ブルーベリーの本当の美味しさを分かってもらえない。できることなら、ご自分で小さな苗から育てて いただき、花も葉もそして、美味しい実も近くで見ていただきたいです」
  ブルーベリーを育てていただくと、自然のすばらしさ、育てる喜びが分かっていただけると思います。

2007年7月6日(金)晴れ一時雨


  直売所仲間のikedaさんから、ご自慢のトマトとトウモロコシをいただきました。 トマトは、完熟で甘みがあり、 そのまま 「ガブリ」。 とっても美味でした!!
  トウモロコシは、生でも食べられる品種だそうです。 明日のおやつにいただこうと思います。

2007年7月5日(木)早朝にわか雨のち晴れ


  雨上がりのふるさとの景色です。山も田んぼも見渡す限り緑色で、眩しいくらいの美しさです。その陽射しは、夏の気配を感じます。
  トマトの麗夏は、雨よけをしていませんが、裂果することもなく完熟となりました。冷たい井戸水で冷やして食べたいですね。

〜 件名を記入されないまま、メールを送っていただいている方へ 〜
  件名の無いメールにつきましては、セキュリーティー上、削除していますので、にしかたブルーベリー園 の 問い合わせ をご利用の上、申し訳ありませんが、再度送信をお願いいたします。

2007年7月4日(水)雨


  一日雨が降り続きました。夫の水遣り作業はお休みですが、摘み取り作業は続きます。
  この実を待っていてくれている人がいると思うと自然に体が動くようです。

2007年7月3日(火)曇りのち晴れ


  にしかたブルーベリー園 生まれの『オニール』が、四国の愛媛県松山市の 『恋家農園』こいけのうえん にお嫁入りしました。
  こんなに遠くまで苗をお送りしたのは、もちろん初めてのことで「無事に着くだろうか?」と心配していましたが、 「無事に着きました~\(^0^)/~」というメールをいただき、ひと安心。
  かわいい娘が、あちらの家で元気に育って、美味しい実をたくさん付けてくれること。そして、四季を通して、あちらの 皆さんを楽しませてくれることを遠い西方から祈っています。  

愛媛県のKさんのお宅に無事届いたオニールの2年生。

2007年7月2日(月)雨のち曇り


  ブルーベリーの収穫は、早生が終盤に入り、中手から晩生種とハイブッシュのほとんどの品種が収穫期を 迎えています。
  ブルーレイやハリソンなどは、クラスターが大きくて摘み取りやすいのですが、偏円形の果実の上に密着して結実するため、 摘み取った実は、デコボコしています。でも、大粒で香り高く、美味しい実なのですよ。

2007年7月1日(日)曇りときどき雨


  昨日までの疲れを取る暇もなく、収穫に追われています。
  ブルーベリーの苗を分けて欲しいという方がみえました。初心者ということでしたので、 小さな鉢の苗をお勧めしようと思っていましたが、園内に置いている大鉢を見るなり、「わぁ、すごい!!  絶対こっちがいいわ!」と、たわわに実ったラビットアイの鉢植えに一目ぼれ状態です。
  車に乗るくらいの苗を買うつもりで来られたそうですが、鈴なりのバルドウィンをやっと車に乗せて 「こちらは、売約済みにしておいてください」とやはり鈴なりのノビリスを選ばれて帰られました。 こんなに喜んでいただけるなんて 幸せです。

                       
ふるさとからの暮らしのたより〜2007/07